ようこそ、内野薬局のホームページへ。当店ではアナタの健康を全力でサポート致します。

CA19-9

CA19-9 

基準値:36U/mL 以下  

 癌特異性の高い消火器癌の腫瘍マーカー。
 CA19-9は膵管、胆管、胆嚢、胃、唾液腺、気管支腺、前立腺、結腸などの分泌腺に存在し、癌化によって大量に産生される。ただし、日本人の10%に存在するルイス抗原陰性者では、CA19-9は癌化によっても上昇しない偽陰性を示す。
 主に、消化器系腫瘍のスクリーニングや膵癌の治療効果の判定、再発予防のために有用。

(a)CA19-9は次の場合に高値となる。

 (1)腫瘍

 (2)非腫瘍性疾患(胆石症、胆管炎、膵炎など)
   ※胆道、膵臓系の炎症でも数百レベルまで高値となることはあり得る。

この検査値と併せて!

●SLX
 消化器腺癌を疑う場合

●DU-PAN-2
 膵臓癌を疑う場合

 

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional