ようこそ、内野薬局のホームページへ。当店ではアナタの健康を全力でサポート致します。

BFP

BFP(塩基性胎児蛋白) 

基準値:75U/mL 以下(血清中)
   :10U/mL 以下(尿中)

 CEA同様、組織特異性の低い腫瘍マーカー。広範囲悪性腫瘍に対して使用できる。血清BFPは消化器癌(原発性肝癌、胆道系癌、膵癌)、泌尿器系・生殖器系癌、および肺癌を疑う時に用いられる。尿中BFPは、膀胱癌、尿管癌を疑う時に有用。
 陽性の場合、X線検査、内視鏡検査、病理学的検査で確認する。

(a)BFPは次の場合に高値となる。

 (1)腫瘍で上昇

 (2)非腫瘍性疾患で上昇

この検査値と併せて!

●臓器・腫瘍特異性の高いマーカー

 

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional