ようこそ、内野薬局のホームページへ。当店ではアナタの健康を全力でサポート致します。

中性脂肪

中性脂肪(TG) 

基準値:40 ~ 149mg/dL  

 中性脂肪アルブミンと結合して肝臓や筋肉に取り込まれ、エネルギー源として利用される。一般に中性脂肪の1日摂取量はコレステロールの摂取量の約200倍といわれ、食事の影響を受けやすい。
 肝臓では必要に応じてVLDLとして中性脂肪を血中に放出する。したがって血中の中性脂肪は、①食事として消化管から吸収されたものと、②肝臓で合成されたものの2つが存在するが、空腹時は消化管吸収されたものの影響はない。

(a)中性脂肪(TG)が増加する場合
 中性脂肪は次の場合に増加する。

 (1)摂取過剰

 (2)代謝異常(脂肪肝、糖尿病、肥満、痛風、動脈硬化、甲状腺機能低下症など)

 (3)肝胆道疾病(閉塞性黄疸、アルコール性脂肪肝、中毒性肝炎)

 (4)膵疾病(膵炎など)

 (5)腎疾病(尿毒症、慢性腎不全、ネフローゼ症候群など)

 (6)膵疾病(高度貧血、瀉血後、多発性骨髄腫など)

 (7)自己免疫疾患

 (8)妊娠

 (9)薬剤性

この検査値と併せて!

●AST(GOT)、ALT(GPT)増加
 肝臓に脂肪が入り込み、肝細胞の障害が起きている病態
 脂肪肝

●甲状腺刺激ホルモン(TSH)増加、遊離サイロキシン(FT4)減少
 甲状腺機能低下症(TG:150~250mg/dL程度)

 

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional